人工内耳とイヤモールド

 snow、スポーツする人ではありませんが、人工内耳にイヤモールドを付けています。


イヤモールドというのは、耳穴に差し込む耳型で、補聴器では本体で増幅された音が耳穴に入るので、イヤモールドは必須なのですが、人工内耳の時は耳の後ろに埋め込んだ体内装置に信号が入るので、イヤモールドは必要ないんですね。


でも、補聴器を付けていた習慣からか、なんとなく人工内耳手術を受ける前に、人工内耳用のイヤモールドを作り、そのまま付けていました。スポーツをする人なんかは必須ですが、日常的生活では落ちる事ないみたいですね。耳に引っ掛けて、耳の後ろに磁石でくっついていますし。


ところがある日の朝、人工内耳を付けようとしたらイヤモールドが外れてどっか行っちゃったんです。もう出かけないといけないし、まぁいいっか、とイヤモールドなしで出かけたんですわ。


そしたら、ビックリ。

街の騒音、平気なんですわ。

今までは街とかの騒音が全然ダメで、誰かと会話する必要がありそうかな場面以外は無意識にスイッチ切ってしまっていたんですね。


アレ?街の騒音結構うるさいけど、意外と平気だわ。なんでだろ?


あ、イヤモールド!ってすぐに気づきました。


あーーーあーーー、そっか。


snow、失聴期間が長く続いたあと人工内耳を始めたので、なんというか、耳から聞こえている感覚割と少ないんです。

これは個人差あって、もちろんちゃんと耳から音が入っている感覚の方もいらっしゃいます。むしろ大半かも。

snowは、耳の後ろから音が始まって脳で聞いている感覚です。最初この感覚に慣れなかったなぁ。

で、イヤモールドを付けると、耳栓をしている感覚なんです。

脳が錯覚するんだろうねぇ。耳栓しているのに音が入る!うるさい!不快!!って。

耳栓(イヤモールド)がなかったら、音入ってくるのが普通なので、違和感なくなるんでしょうね。


んまーーー、今まで気づかんかったわ。


で、なんとなく人工内耳を装着している感覚はありますが、イヤモールドをしているときほどのハッキリした感覚ではなく……人工内耳装着したままお風呂入っちゃいました。


危なぁ!


イヤモールド付けてなかったら落とさないかな、ってずっと心配していましたが、装着したままお風呂に入る確率の方が遥かに高いですわ。


その次の日もまた装着したままお風呂入っちゃいました。


危なぁ!!!!


っていうか、snowの脳みそのへっぽこぶりが、


危なぁ!!!!!!!!